トイレリフォームを検討するとき考えること

トイレリフォームを検討するとき考えること トイレのトラブルはすぐ解決しなければならない問題です。毎日頻繁に使うもので、生活への影響も大きいからです。水漏れやつまりは日ごろのメンテナンスも大切になってきます。使う人それぞれが丁寧に使っていても、いつかはトイレリフォームを考えなければならないかもしれません。
トイレリフォームを行う際は、情報を集めいくつかのポイントを考えておきます。水道 評判が良い業者を選ぶことも重要です。

■トイレで起こるトラブル

長年使っているトイレの場合、水漏れやつまりが起こりやすくなっているかもしれません。水漏れは排水管の接続部やパッキンの付近からポタポタ落ちていることがあります。水漏れの量がそれほど多くない場合、知らない間に床に水たまりができ気が付くことがあります。
つまりは、トイレに紙以外のものを流してしまったときに起こりやすいものです。しっかり水を流していない間に、大量のトイレットペーパーを流した際もつまりやすいです。ラバーカップを常備しておき使用することで改善でき、水の流れが良くなります。トイレ掃除を行うときに、水が流れる排水部分を丁寧に清掃することで解消につながります。定期的にパイプクリーナーなどを使用し洗浄することも効果があります。

■トイレリフォームを考える
トイレは長年の使用により劣化やトラブルが起きる可能性があります。小さなトラブルでも定期的に起こるようなら、トイレリフォームが必要かもしれません。10年以上使っている場合、修理だけではなくトイレリフォームも検討すべきです。
トラブルはなくても、将来をみこしてより使いやすいトイレに変更したいという場合もあります。節約面を考え高機能な便器への取り換えや、入り口を広くする、トイレスペースを広くするといったトイレリフォームが考えられます。必要である箇所を中心に工事に使える予算も考えつつ、どこまで手を入れるのか検討します。
たくさんの箇所に手を加えると高額になると考えられますが、長い目で見て考えることが大切です。

■業者を選ぶ

トイレリフォームを行える業者はたくさんあり、トイレの本体を販売しているメーカーや水道関連の工事を専門としている業者、リフォーム業者など様々です。
水道配管工事や給水工事が必要な場合は、ある程度の費用がかかります。一方配管は変えずに、トイレ本体だけを変更するという人もいます。
同じ条件でいくつかの業者から見積もりを取ることが大切です。見積もりには全部の項目が含まれているかチェックします。トイレの本体代や工賃だけではなく、出張費や消費税といった細かな費用などもきちんと入っているか確認しましょう。
また、業者の選択方法により費用を抑えられる場合もあります。例えばトイレの本体を期間限定で安売りしている場合があるかもしれません。トイレの本体を販売しているメーカーのホームページを見たり、メーカー直営店などに行くことで情報を得ることもできます。広告やインターネットで確認することもおすすめです。近所や知り合いの人に聞いて、街の中で水道 評判の業者を選ぶ方法もあります。
トイレリフォームは、もちろん工事も大切ですが、その後何かあったときにすぐに対応してもらえるかもポイントです。アフターサービスもしっかりできるところか確認した上で依頼しましょう。

■まとめ
トイレのトラブルが起こったら、まずはどこから発生しているのか確認します。何度も同じ場所でトラブルが起こるようなら、部品交換だけではなく、思い切ったトイレリフォームの良い時期かもしれません。
トイレで一番困っていること、直したいことを中心に検討します。業者を決定する前に、色々な情報を集め見積もりをお願いすることもポイントです。トイレ工事だけではなく、アフターサービスも考えて業者を選択することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース