トイレリフォームで便器を交換する

排水管 水漏れが発生しているような場合、配管だけではなく、トイレ全体のチェックをしてみてトイレリフォームを行うことがあります。何度も行うものではないため、よく検討して決定することが大切です。便器を交換する場合たくさんの種類があるため、どのようなトイレリフォームを行いたいか考えて、いくつかの案を出すことが必要です。

■便器のタイプを検討する

トイレリフォームを考える場合、当然今使っているものに不便があることが多いです。その中から一番改善したいことをリストアップし考えます。
便器の機能からいくつかのタイプがあります。普通便座のほかに、暖房や温水洗浄などの機能が付いているものがあります。普通のものは便座の大きさから標準タイプと大型タイプがあります。子供が小さい場合は標準タイプが使いやすいですが、男性や体形が大きい方は大型タイプの方が良いという人もいます。
暖房がついているものや温水洗浄は電気を使うので、電源コードを差し込むコンセントが必要です。自宅のトイレにコンセント差し込み口があるかどうか確認します。コンセントがない場合は、新たに取り付けなければいけません。

■内装を含めたトイレリフォーム

トイレの便器を交換するなら、そのついでに今まで不便だなと思っていた他の部分も一緒に改善できるかもしれません。昔のトイレはタイル張りや陶器タイルなどが多く見られました。しかし掃除がしにくい、タイルの溝に汚れがたまっている、ということがあります。タイルが壊れたり、カドが欠けたままになっていることもあります。
床をフローリングにしたり、汚れを防止できるコーティング加工がされているものを選ぶことができます。将来を見越してなるべく段差のない使いやすいトイレにすることも可能です。
便器だけを交換する場合と、内装も含めたトイレリフォームの場合では、費用も大きく異なります。見積もりを取って、それぞれの項目や全部の費用が含まれているかも細かく確認しておくことが大切です。

■まとめ
排水管 水漏れなどのトラブル時に、トイレリフォームを行うことも改善策の一つです。便器を交換する場合はどのようなものに変更するか考えます。自分の家に設置できるものの中から、必要な機能が備わっているものを選びます。コンセント付きの便器を選ぶならコンセントの差し込み口の確認も必要です。予算に余裕がある場合や床や壁を含めて総合的なトイレリフォームを希望する場合、快適に過ごすことができるよう様々な改善を行うことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ